北の国から司法書士を目指すブログ

司法書士を目指す流浪の受験生。H27宅建取得/H29行政書士取得。39のおっさん。

LEC実力判定模試(記述)


この記事にはLECの全国実力判定公開模試のネタバレと、自己採点(記述)の結果が書いてあります。
見たくない方はご退出願います。





f:id:mksdj377:20190310182728j:plain






前回の続きです。

【記述】
不登法:18くらい
商登法:34くらい

記述は商業登記法から解きました。
14時6分から始めて15時5分に終わらせる予定でした。

この問題のポイントは定時株主総会が事業年度末日から2か月以内に招集されるところです。
普通は3か月以内なんですが、2か月以内となってる場合はだいたい定時株主総会の前に役員の任期が満了します。
後半の募集株式の発行は自己株式が絡んで計算がめんどくさいので、時間がなかったら捨てるのもアリだと思います。

幸運なことにミスはほとんどありませんでしたが、モタモタモタモタ、終わったときは15時15分でした。

今回の模試で特筆すべきは不動産登記法の記述だろう。
1回目の申請をまともに書けた人がいるのだろうか。
巻き戻し抹消というのは聞いたことがあるが、これは何というのだろう。巻き戻し更正?

解答を見てもさっぱり理解できない。
解答を見て理解できないことが現場で書ける訳がない。

時間がなくて順位変更の申請人が書けなかったが、何とか最後まで書いた。
1回目の申請で抵当権を抹消させたので、順位変更なんて本当はできないのだが、空気を読んで書いた。

今まで記述で書くボールペンはユニボールシグノ極細0.38を使っていましたが、今回はジェットストリーム極細0.38を使ってみました。

断然こっちの方がいいです。
反応速度が違います。
オススメです。

司法書士試験のブログとランキングはこちら
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村