北の国から司法書士を目指すブログ

司法書士を目指す流浪の受験生。H27宅建取得/H29行政書士取得。39のおっさん。

環境活動屋


第二のグレタ・トゥーンベリさんが現れました。
ドイツの環境活動家、ゾゾちゃん8歳です。
どこかの街灯の上で何かに抗議して警察に怒られたそうです。
ゾゾちゃんがおサルの電車のおサルさんで、グレちゃんが駅に住み着いた駅長のネコチャンですね。

フルメタル・パニック!っていうライトノベル作品があって、その作家によるツイートがこちらです。
「俺もこの子(グレタ・トゥーンベリ )きらい。もし自分が世界の影の支配者だったら、すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい。その上であっつあつの超うまいステーキとか食わせてやって、悔し涙を流す姿が見たい。すごく見たい。」
→炎上(ノ∀`)

そしてこの作品を漫画化した漫画家によるツイートがこちらです。
「この方の代表作のひとつ『フルメタル・パニック!』のコミカライズを僕は担当しました。しかし作者の方の主張には、賛同しません。
今後拙作『フルメタル・パニック!zero』の宣伝はしませんし、続編も描く事はないでしょう。
この作品で得た収入は、環境保護団体等への寄付に当てさせて頂きます。」

いろいろ言いたいことがあるんですが、いちばん気になったのが、漫画家がこの漫画の収入を環境保護団体に寄付するってところです。
本気かどうかわかりませんが、話がトンでて気色悪いです。

環境保護団体に大金を寄付することで、環境に何か良い影響があるのでしょうか?
屁のつっぱりにもならないと思います。
できることと言えば、スーパーのレジ袋を有料にしたり、ファミレスのプラスチックストローを紙ストローに変えたりする程度のことでしょう。

環境活動家の目的はいったい何でしょうか。
人間が増えすぎて、地球が汚れて、その結果人間の数が減ったり絶滅したりするのは地球にとって喜ばしいことだと思うのですが。

彼らは善人ヅラした詐欺師です。
子育て中の母親が標的です。
この子が大きくなる頃には地球は人が住めない星になっているだとか、ノストラダムスみたいな予言をして恐怖を煽ります。
あしたの天気もよくわからないのに、どうしてそんなに先のことがわかるのか。ド素人のお前らに。

うさんくさい講演会を開いていることがあるので、冷やかしに覗いてみるといいでしょう。
バカを囲い込んでタカるのが目的なので、最後は必ず金の話になります。

真面目な環境についてのお話でした。

司法書士試験のブログとランキングはこちら
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村