北の国から司法書士を目指すブログ

司法書士を目指す流浪の受験生。H27宅建取得/H29行政書士取得。39のおっさん。

宅建士試験と私

12月5日に宅建の合格発表がありました。合格された方は本当におめでとうございます。

合格点:37点
合格率:15.6%
合格者の平均年齢:34.9歳

ぼくが宅建を受けたのは3年前です。
宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」と名前が変わって初めての試験でした。

7月にイオンの本屋に行って、使いやすそうな過去問の一問一答集を買ったんですが、法令制限のところがさっぱり理解できないので、同じ本屋に行ってマンガの入門本を買いました。使ったのはこの2冊だけです。

当時は苫小牧に住んでいて、試験会場は苫小牧駒沢大学という所でした。完全にぶっつけ本番です。ちなみにこの大学は潰れてしまうそうです。

平成27年度は難しい年でした。問題を半分くらい解いても見たことのある問題がほとんどなくて、帰りたくなりました。試験が終わったときの試験会場はお通夜みたいでした。

ウチに帰りたくなくて車であちこちウロウロしてボーっとして、腹が減ったからファミレスみたいな所でミートソーススパゲッティの相撲レスラーサイズとかいうのを食べたら、量は多いけど麺がパサパサでした。

ウチに帰って解答速報で自己採点したら、30点ないと思ってたけど34点でした。合格点は31点でした。

合格証書が届いたときは、初めて車の免許以外で履歴書に書ける資格ができて嬉しかったです。
宅建は数ある資格の中でもかなり難しい資格です。持ってる方は自信持っていいと思います。

以上

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ