北の国から司法書士を目指すブログ

令和2年司法書士取得(受験11回)/40のおっさん。

特別研修⑤

f:id:mksdj377:20210612231713j:plain
特に変わったことはないので短くまとめる。

6月12日は2回目のゼミナール研修があった。(リモート)
1回目と同じ、やさしい弁護士が担当だった。
各班がグループ研修で提出した答弁書の答え合わせをする回だった。

1回目と違って、ランダムで質問が当てられた。
班の中でどのように検討して、どうしてそう決めたのかを聞かれた。
最後まで気が抜けなかったので、けっこう疲れた。

6月13日は4回目のグループ研修があった。(リモート)
前半で交通事故の訴訟物とか立証方法とか請求の趣旨とか請求の原因とかを検討して、後半で乗っ取られた土地の抹消登記の訴訟物とか調査事項とか請求の趣旨とか請求の原因とかを検討した。

チューターが車の任意保険とかのことをアツく語っていたので、チューターは車が好きなんだと思った。
ぼくは前に乗っていた車がコミコミで10万円のポンコツ車だったので、走れば何でもいいと思っている。

6月14日は5回目のグループ研修があった。(リモート)
班の中で話し合って、建物明渡請求訴訟の訴状をWordで作成して提出する回だった。

我が5班は仲がいいので、パソコンのメールアドレスを交換して、それぞれがWordで作成した訴状を3人で共有していた。
今回はぼくが課題を提出することになっていたので、事前に3人の訴状を1つにまとめた。
当日は、訴状を上から順番に調整していった。

今回で特別研修の前半が終了した。
ここを乗り切れば後はラクになるとチューターが言っていた。

6月19日、4日間の休みをはさんで3回目のゼミナール研修があった。

疲れたので次回にします。

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

配属研修先

f:id:mksdj377:20210619224821j:plain
f:id:mksdj377:20210619224827j:plain
7月6日から始まる配属研修のお知らせが届いた。

配属研修には42日間コースと60日間コースがあって、ぼくは60日間コースを選択していた。
配属先の研修事務所は2つあって、研修期間はそれぞれ30日間だった。

前半の研修事務所の所長は、特別研修のチューターだった。
グループ研修のチューターとは別の先生で、顔を見たことがなかったので、ネットで研修事務所のホームページを検索した。

所長はホトケ様のような顔をしていた。
債務整理に力を入れている事務所だった。

後半の研修事務所もネットで検索した。
家族で経営している事務所のようだった。
ここも債務整理に力を入れているようだった。

4月に札幌司法書士会から電話がかかってきて、配属研修先の要望を聞かれたので、債務整理をしている事務所を希望すると答えた。
昔から人の借金を減らす仕事がしたいと思っていた。

配属研修は気が重いです。
得意技が使えないからです。

忍法雲隠れの術。(バックレ)

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Zoom飲み会

f:id:mksdj377:20210616120340j:plain
6月14日、我が5班のメンバーから、令和2年度合格者のLINEグループに招待していただいた。すぐに参加した。
LINEグループの存在は知っていたが、カッコつけて入っていなかった。
合格者のLINEグループは300人を超えていた。

自己紹介文を書いて投稿したら、ブログを見ていると声をかけていただいた。
声をかけてくれた方が、すぐにそのLINEでZoom飲み会を開いて、ぼくを招待してくれた。

ぼくはストロングゼロ缶500ml1本をほとんど飲み干しているところだった。夜の9時を回っていた。

ぼくがマスクをしてZoom飲み会にログインすると、大歓迎してくれた。
おれみたいなコミュ症のゴミクズ人間が人から会いたかったと言われても、どんな顔をしていいのかわからない。

特別研修の話を中心に盛り上がっていた。
ぼくはブラックニッカを飲みながら、黙って聞いていた。
最初は3〜4人だったが、だんだん増えて10人くらいになった。
ツイッターでフォローしている人もいた。

言っていいのかわからんけど、グループ研修中にベッドで横になって寝てる奴がいるからチューターに電話して注意してもらったって話が死ぬほど好き。
スマホで撮った証拠写真を共有画面で見たときは腹の皮がよじれた(ノ∀`)
おい、そんな奴は札幌にいないぞ!

コンタクトレンズをつけたまま寝落ちした。
気づけば朝になっていた。
突然消えて申し訳ありません。

ご招待ありがとうございました。
とても楽しかったです。
この場を借りてお礼申し上げます。

m(_ _)m

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

特別研修④

f:id:mksdj377:20210609204540j:plain
6月8日に1回目の実務研修があった。
札幌の簡易裁判所で実施された。

朝9時からなので、朝6時前に起きた。
朝7時過ぎにウチを出て簡易裁判所に向かった。
最寄りの地下鉄は微妙に遠いし、札幌でバスに乗ったことがないしで、歩いて行くことにした。

たっぷり1時間かかった。
まだ8時過ぎだったので、大通公園のベンチで時間をつぶした。
簡易裁判所大通公園に面していた。

次の日、足が筋肉痛になった。
次からはバスで行くことにした。

8時30分前に簡易裁判所のロビーに入ったが、誰もいなかった。
ここに来るのは2回目だった。
4年前に新千歳空港近くのオービスに激写されて、5万円の罰金を払ったのである。

ソファーに座って待っていると、何となく見たことがある方々が次々と入ってきた。
みんな立ち上がってあいさつをした。
みんなマスクをしているので、顔がよくわからなかった。

6階に上がって、朝9時から夕方5時まで講義を受けた。

札幌簡易裁判所の書記官と裁判官がレジュメを配って、簡易裁判所の組織とか、訴状の作成とか、事前準備の重要性とか、少額訴訟とか、民事調停とか、そういうことをずっとしゃべっていた。
中学生日記みたいな講義ビデオは少しおもしろかった。

それこそリモート講義でいいような気もするのだが、実際に簡易裁判所に集まって話を聞くことに意義があるのだと思う。

パソコン越しに見ていた方々と実際にお会いするのは気恥ずかしかった。

お昼休憩に、地下1階にある食堂で、カレー大盛りとラーメン大盛りを食べて、写真をブログに上げようと思っていた。

お昼休憩に、我が5班のふたりから食事に誘っていただいた。
我が5班の3人で地下1階の食堂に行った。
食堂には他の研修生たちも来ていた。

カレー大盛りとラーメン大盛りをいっしょに注文すると頭がおかしいと思われるので、カレー並盛りの食券を購入した。

ふたりの話を黙って聞いていた。
ふたりが気をつかって話を振ってくれるのだが、ぼくは「はい、そうですね」か「はい、そう思います」しか言わなかった。
会話のしかたを忘れてしまった。

途中でひとり、他の研修生が加わった。
あいさつをしたら、ブログを見ているとおっしゃった。ブログをほめていただいた。

ありがとうございます。
たいへん申し訳なく恐縮しております。

夕方5時になったら真っ先に帰った。
お昼に食べ損ねたラーメンを食べに行った。

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

特別研修③

f:id:mksdj377:20210607234146j:plain
6月5日は1回目のゼミナールという研修があった。(リモート)
グループ研修と違って、札幌の研修生が全員で参加した。(札幌1〜札幌19)

人のよさそうな弁護士が裁判のことをずっとしゃべっていた。
広島出身、一橋大学卒、20年前に旧司法試験に合格して、研修先?が札幌で、北海道が気に入ってずっと住んでいると言っていた。

聞いていればいいので楽だった。
たまに番号順に質問が当てられたが、19人もいるのであんまり質問が回ってこないし、そんなに難しいことは聞かれないし、誰が何を言っても「そうですね」と肯定してくれた。

弁護士というのはすぐにブチギレるサイコな人ばかりだと思っていた。
とてもおだやかな1日だった。

6月6日は2回目のグループ研修があった。(リモート)
前半はチューターがつくった民事訴訟法のスライドを見た。後半は金を貸した人が連帯保証人の相続人を訴える事件について、訴訟物とか、請求の趣旨とか、請求の原因とかを検討していった。

1回目のグループ研修と同じように進行した。
今回はみんな予習してきたようだった。

6月7日は3回目のグループ研修があった。(リモート)
研修生が話し合って、売買代金請求事件の答弁書をWordで作成して提出する回だった。

早々に3つの班に分けられて、ブレイクアウトルームとかいう部屋に飛ばされた。
札幌Bグループの札幌11〜19のうち、札幌11〜13が4班、札幌14〜16が5班、札幌17〜19が6班となった。(3人ずつ)
ぼくは札幌16なので5班だった。

我が5班は2人が女性だった。
この2人が非常に優秀で、2人でずっと話し合っていた。ぼくはずっと黙って聞いていた。
2人が気をつかって話を振ってくれるのだが、ぼくは「はい、そうですね」か「はい、そう思います」しか言わなかった。

すいません、やる気がない訳ではないのです。
話についていけないのです。

ガッキー似のかわいいメンバーが代表して課題を提出してくれた。
すいません、次は僕がやります。

6月8日は札幌簡易裁判所で実務研修があったのだが、長くなるので次回書きます。

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

特別研修②

f:id:mksdj377:20210531204800j:plain
グループ研修のチューター(狂言回し)はいい人だった。
40代くらいの男性で、開業して15年くらいだと言っていた。
ワタミの会長みたいな奴が出てきたらどうしようかと思っていた。

グループ研修は、テキストにそって番号順に質問が当てられていった。
質問が当てられると、その人の顔がパソコンでどアップになるので、質問が当てられたときは恥ずかしかった。

ぼくのグループは札幌11から札幌19の9人だった。ぼくは札幌16だった。
みんないい人そうだった。
マスクパッセンジャーみたいな奴がいたらどうしようかと思っていた。

1回目のグループ研修は、貸金返還請求事件の訴状の作成と、売買代金請求事件の答弁書の作成が課題だった。

ぼくが初めて当てられたとき、起案の作成をしてきましたかと問われた。やってませんと答えた。
必ず起案の作成をしてから研修に臨んでくださいとテキストのはしがきに書いてあるのだが、ぼくがテキストを開いたのは、この日が初めてだった。

がんばってついてきてくださいと言われた。
チューターが、この中で起案をしてきた人は手を挙げてくださいと言ったら、9人中4人が手を挙げた。
研修生の半分以上が予め起案の作成をすることを知らなかった。

貸金返還請求権の要件事実は何ですかと聞かれたので、人が人に金を貸すことだとか、催告をすることだとか、適当に答えてみた。
根拠となる条文を聞かれたが、当然わからないので、スマホで検索して、民法の587条と答えた。

質問を当てられると必ず条文を聞かれた。
予習のときに必ず調べておこうと思った。

計3時間40分の研修のうち、5回か6回くらい当てられた。
遅延損害金を請求するときの要件事実とか、被告に送った訴状が受取人不在で戻ってきたときに取るべき別の送達方法とか、有権代理の要件事実とか、いろいろ聞かれた。

チューターが、山下さんには難しい質問ばかり当たりますねと言った。
そういう訳ではなく、ぼくがモタモタしているだけだった。
しっかり予習をしてグループの足を引っぱらないようにしようと思った。

チューターが、1回目のグループ研修は例年時間が30分以上あまる、しかし初のリモート研修は例年より時間がかかっていて、もしかすると時間内に終わらないかもしれないと言った。
チューターは最後の方は時計ばかり見ていた。
きれいに時間内に終了した(と思う)。

チーム北の国からの皆様、短い間ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
ぼくはポンコツなので、何も期待しないでください。

わははー

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

特別研修①

f:id:mksdj377:20210530163012j:plain
5月29日から特別研修が始まった。
無職になってから死ぬほどヒマだったが、少し忙しくなった。

その日のうちにeラーニングを終わらせた。
チェックテストがない計6時間くらいの動画をスマホで再生して、見ないで放置した。
もはや罪の意識もなかった。

5月30日、1回目のグループ研修があった。
パソコンを使ったリモート研修だった。

この日のために、楽天でノートパソコンを買った。4万円だった。
100GBのポケットWi-Fiを1か月レンタルした。1万円だった。
自動車税の納付書が届いた。4万円だった。
早く働かないと破産すると思った。

特別研修はやりたくないと思った。
リモートワークなんてやったことがないし。
パソコンが突然壊れるに決まっている。

ぼくは債務整理の仕事がしたいので、認定考査に受からないといけない。
だから特別研修を受けないといけない。

グループ研修は朝10時からだった。
15分以上遅刻すると研修費の14万5000円がパーになるので、30分前にZoomにログインした。
ログインしているのはしばらく自分だけだった。少しあせった。

いでたちは、上はワイシャツとネクタイ、下はハーフパンツだった。
顔を見られるのが恥ずかしいのでマスクをつけた。

グループ研修の内容は長くなるので次回書きます。

↓幸運のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ

PVアクセスランキング にほんブログ村